• ホーム
  • 2021年1月以降にタイに入国するタイ国籍を有しない者のための 入国許可証(COE)の新しい登録手順

2021年1月以降にタイに入国するタイ国籍を有しない者のための 入国許可証(COE)の新しい登録手順

2021/04/30

2021年1月以降にタイに入国するタイ国籍を有しない者のための
入国許可証(COE)の新しい登録手順


タイ王国入国に関する措置の変更について

1.  隔離期間
タイ王国入国に関する新型コロナウイルス感染拡大防止措置(最新情報)により、202156日以降全ての入国者を対象として、最低で14日間の検疫隔離が要求されます。
 
1.202151日以降、入国許可証(COE)を取得した方は14日間の隔離が必要となります。
2.2021430日までに入国許可証(COE)を取得した方は、次の通りです。
 
202151日~5日にタイ王国に入国する場合、渡航日14日前よりも以前に新型コロナウィルスワクチン接種を規定の回数を満たしている
証明書を有する方は、最低で7日間の隔離期間が必要となりますそれ以外の方は、最低で10日間の隔離期間が必要となります
202156日以降タイ王国に入国する全渡航者は14日間の隔離期間が必要となります離措置施設(ASQ/隔離指定施設(ALQをご利用の方は、ご自身でホテルにご連絡いただき、隔離期間延長について調整していただきますようお願い致します。
 
既に入国許可証(COE)を取得している方は、202151日から coethailand.mfa.go.th より最新版のCOEをダウンロードしてください。

202141日タイ時間午前001分より、コロナウイルス変異株の感染が確認されていない国(日本を含む)からの渡航者に対し、隔離期間を14日間から「10日間以上」に変更します。
 
新型コロナウイルス変異株流行国からの渡航者は、14日間の隔離が必要です。(「新型コロナウイルス変異株流行国リスト」は、タイ王国保健省により1ヶ月ごとに決定、更新されます。2021331日付の「新型コロナウイルス変異株流行国リスト」には、日本は含まれておりません。
 
出発国の政府が発行した新型コロナウイルスワクチン接種証明書(Vaccine Certification)を所持し、コロナウイルス変異株の感染が確認されていない国から出発する渡航者は、最低でも7日間の隔離が必要です。ただし、世界保健機関(WHO)もしくは、タイ王国保健省が承認した新型コロナウイルスワクチン*を、渡航日の14日前までに接種している方に限ります。またタイ入国時に、新型コロナウイルスワクチン接種証明書(Vaccine Certification)をタイ空港内疾病管理所の疾病管理担当職員に提示する必要があります。(ワクチン接種証明書は、原本もしくは電子ファイルをプリントアウトしたものに限ります。)ワクチン接種証明書をお持ちでない場合、最低でも10日間の隔離が必要となります。
 
ワクチン 必要接種回数
AstraZeneca COVID-19 (AstraZeneca) 2
AstraZeneca COVID-19 (SK Bioscience (Korea)) 2
CoronaVac (Sinovac Life Science) 2
COVISHIELD (ChAdOx1_nCoV-19) (Serum Institute of India (SII)) 2
Janssen COVID-19
(Janssen Biotech Inc., a Janssen Pharmaceutical Companies of Johnson & Johnson) 
1
Moderna COVID-19 (ModernaTX Inc.)  2
Pfizer - BIONTECH COVID-19 (Pfizer Inc.) 2
Sinopharm COVID-19 (The Beijing Institute of Biological Products) 2
   
2. 搭乗可能健康証明書(Fit to Fly Health Certification)は不要となりました。
 


ビザ
- 有効なビザ、滞在許可および再入国許可を所持していないタイ国籍を有しない者は、COE申請の前に、ビザの申請を行い、ビザを取得する必要があります。

- ビザ申請の詳細情報は、http://www.thaiconsulate.jp/visa-top/ でご確認ください。

- タイ王国大阪総領事館でのビザ申請は、http://thaiconsulate-visa.jp/vabo/index.php/en/から予約してください。

- ビザの手続きはご出発3週間(21日)ほど前から余裕を持って申請されることを推奨します。航空券のコピーもしくは予約確認書のコピーを提出する必要があります。

入国許可証(COE)登録
- 2021年1月以降にタイに入国するタイ国籍を有しない者は、オンラインでhttps://coethailand.mfa.go.th/から入国許可証 (COE) 申請を行う必要があります。

- COEの手続きはご出発10-15営業日までに余裕を持って申請されることを推奨します。

- タイ王国大阪領事館は追加の書類を依頼することがあり、不備や不正な内容の申請を拒否する権限を有します。

- 入国許可証(COE)登録 のガイドラインとマニュアルはこちら(ガイドライン / マニュアル) からご確認ください。

- 関西国際空港発の国際線直行便にてタイにご出発される方、又は、タイへ行くために日本以外の国を経由する関西国際空港発の国際便を利用する方のみがタイ王国大阪総領事館にて申請可能です。

隔離措置施設(ASQ)/隔離指定施設(ALQ)の予約
- スワンナプーム国際空港およびドンムアン国際空港に到着する方は、隔離措置施設(ASQ)またはチョンブリー県及びプラートーンブリー県の隔離指定施設(ALQ)のいずれかのみにて10日間以上の隔離措置を受けることができます。

- 隔離措置施設(ASQ)またはチョンブリー県及びプラーチーンブリー県の隔離指定施設(ALQ)については、                  http://www.hsscovid.com/をご確認ください。

- 隔離措置施設(ASQ)またはチョンブリー県及びプラーチーンブリー県の隔離指定施設(ALQ)は、ASQまたはALQ施設に直接予約、またこちらのサイトから予約することが可能です。1)https://www.agoda.com/quarantineth 
2)https://asq.locanation.com/ 3)https://asq.ascendtravel.com/ 4) https://asqthailand.com/

執務時間

査証申請時間
 
午前 09.30 ~ 11.30
 
査証受領時間
(申請日の2営業日後)
 
午後 13.30 ~ 15.00
 
認証申請時間
 
午前 09.30 ~ 11.30
 
認証受領時間
(申請日の翌営業日)
 
午後 13.30 ~ 15.00
 
ビザの申請
ビザオンライン予約申請
パスポート
戸籍関係・認証
身分証明書